スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交通事故に遭うの巻き

皆様こんばんわ。


先日キョッキさんより報告がありました。

事故りました」 と・・・



ワタクシ日本滞在の間は、キョッキさんからのメールを
毎朝チェックするのが日課となっているので
いつものようにメールを読んでいました。

するとその日の内容は何ともショッキングなものだったのです。


大まかな内容を説明すると

“お友達夫婦と楽しくディナーした後の帰り道、
国道をいつものように車で走っていると
丁度カーブを過ぎたあたりに大きな動物(牛か馬かでっかい豚か・・・)の死体
がベロ~ンと横たわっていた。
「キャー!」と思ったけれども避けられる状況ではなかったので
そのままアクセル踏み込んで動物越えをした。

そのとき彼の車体は宙に浮き、
ガッコンと着地した際に車体を激しく地面にぶつけたので、
恐らく底の部分がめちゃくちゃになってると思われる。
もう夜も遅く暗くてよく見えないので、取りあえず明日朝1番に確認する。

しかしこれでもまだマシな方で、
他にも一緒に巻き込まれた車があと2台あり、
1台は同じ様に車体が宙に浮き、その拍子に道の外へ飛んで行き、
あともう1台はバンパーがペッシャンコになっていた。

そんな状況で怪我1つしなかったのは不幸中の幸い。
僕ちゃんとっても怖かった

と・・・


そ、そりゃぁ怖かっただろう・・・


車が宙に浮っくってのは、アクション映画の中だけのことで
実際の生活の中ではあり得ない事ですからね。


でも怪我1つなくて本当に安心しましたです。


翌日、
事故発生後すぐに連絡していた警察から
横たわっていた動物はシカだったと連絡があったそうです。

十分に餌を与えてもらえないシカが
空腹に耐えられなくなって鳴くらしい。
それがうるさいからと飼い主が放した為に
放されたシカがフラフラと国道まで出て来てしまったらしいんだけど・・・

可哀相なシカさん。

空腹に耐えられず、食料を求めて外へ出たら
車に跳ねられて死んでしまうなんて・・・ 
しかも何回も跳ねられるなんて・・・


それにねぇ、これ本当に危ないぜ!
今回はこれだけで済んだから良かったけど
大惨事に成り得ませんからね。


この飼い主には然るべき制裁を課すべきです。



一方のキョッキさんのお車はといいますと、
次の朝メカニックと一緒に確認したところ、
車体の底は前のプラスチック部分が欠けていただけで、
あとは問題無しだったらしいです。


シカの血がいっぱい付いていた以外は・・・。


怖っ!!



取りあえず、修理費用はシカの持ち主の負担だし、
予定通り車でヴェローナ出張に行けるので、一安心です。


皆さんも、車の運転には十分に気を付けて下さいね。
何が飛び出して来るか分かりませんよっ!



そして動物は責任もって飼いましょう!!


しかし、シカの飼育って何の為になんでしょうか・・・
今日もポチポチッとありがとうございますぅ
 ←これと
←これと
スポンサーサイト

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Comment

No title

読まさせていただきました。
応援ポチッ!!!

No title

交通事故って見てビックリしたけど、怪我がなくて何より一安心ですね。
でも、道の外にとんでいった車って大丈夫だったの?
そっちのほうが気になったりも・・・。
それにしても、ホントにきちんと責任もって動物飼えないなら動物なんて飼っちゃアカンよね。
一番の被害者はこのシカさんよね。かわいそうなシカさん。
このシカさんのご冥福を祈ります。

♪サトシさま

遊びに来て下さってありがとうございます。
また来て下さいね。お待ちしております。

♪sanaeさま

本当に怪我がないと聞いて安心しました。
飛んでった車は具体的には聞いてないんです。
私の勝手な想像では横転ということになっていますが…。また確認しておきます。
シカさん可哀相ですよね。

No title

飼い鹿なんているんだ~、でも、何のために?食用?

いや~大事に到らなくて何よりでしたね。
鹿さんは本当に気の毒だけど、でも、鹿でよかった。
(途中まで、もしや人間の死体?って思いながら読んでたから)

♪tomoさま

鹿ね~。ペルジーノのキョッキさんもペルージャで鹿が飼育されてるなんて知らなかったみたい。
本当に大事に至らなくて良かったです。 ほっ

こわっ。。。

怪我がなくてよかったですね。。。
鹿の飼育って、初めて聞きました。
え?鹿飼ってんの?って聞き返しそうですね(笑)

♪夜日子さま

そうなんです。
おそらくデカ目の豚か子牛だろうと思ってたので、
私も事故に遭った本人も「鹿ぁ!?」ってびっくりです。
 

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。