スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せって・・・

日本人に生まれて本当に幸せなんだなぁ
と痛感する場面に出くわすことが
イタリアに来てから多くなったような気がする。



・・・・
ペルージャ大学に1ヶ月だけ通っていた時、
クラスメートにベネズエラ人(だったと思う)の眉毛つながったお姉さんがいた。

ある日、授業の課題が「自分の国について話す」だった時
彼女は露骨に嫌がった。
それでも授業に参加してもらおうと思ったのか、
先生が小出しに彼女に質問していった。

すると彼女は涙をこらえながら

彼女の祖国では、独裁政治や内戦が圧倒的に多い貧困層の生活を
増々苦しくする一方なので、家族や故郷から離れ、
彼女と彼女のご主人だけ泣く泣くイタリアにやって来たと・・・

そしてベネズエラでは大学も卒業し医者としてプライドを持って働いてたのに
イタリアでは自分は無価値のようで非常に辛いと・・・



・・・・
キョッキさんのクライアントの元で働くアフリカ系の男性。
彼は数年前、まずお粗末なボートで海を渡り、
それから3ヶ月間、ひたすら山の中を歩いて
イタリアの親戚の家にたどり着いたらしい。
その間ほとんど飲まず食わずだったと・・・

私は飛行機で往復してますなんて、
この人には口が裂けても言えないと思った。


・・・・
6月、サルデーニャ行きのフェリーに乗った時の事。
ちょうど、サッカーEURO2008 ロシアvsオランダ戦を
サロンのスクリーンで映していたのでイタ男達と観戦していた。

しばらくするとロシア側のゴールに、歓声と拍手が起きた。
でもそれは特にロシア贔屓であるとかでは無く、
ただ可憐なゴールに対しての賞賛であることは私にも伝わった。

すると突然私の後ろにいたおっちゃんが
「お前はロシア人なのか?」
と私の隣で観戦していたイタ男に聞いた。

「いいえ。僕はイタリア人ですよ」とイタ男が答えると
「じゃあ、なんでロシアを応援してるんだ! お前はナチストか!」
と荒々しく言った。

「ナチストとはなんだ!
 素晴しいプレイを賞賛してなにが悪い!
 仮に俺がロシア応援してたって、あんたに関係ないだろー!
 あ、もしかして、あんたオランダ人?」

「違う。オレはロシア人だ。ロシアの○○ってとこだ。
 家族でイタリアに来た」

「ええー。なんじゃそりゃ。 じゃあ、なんでロシア応援しないの?」

「お前らみたいなアホナチストに何を言ってもどーせわかんねぇよー!」

吐き捨てるように、イタ男達の視線を背にその場から離れて行った。


ロシアのどの町かよくわからなかったけど、
グルジアの話をテレビで見たり、新聞で読んだりする度、
あのフェリーで怒ってたおっちゃんのことを思い出す。

もしかしてあのおっちゃんも、あんな緊迫した状況から
逃れて来たのかなぁって。


・・・・・

こういう場面に出くわすと、自分がどれだけ守られた環境で生きて来たか
思い知らされる。

そして彼らに何の言葉もかけられない。
想像してみても彼らの本当の辛さは分からないし、
かけてみたところで、薄っぺらい、口先だけの言葉にしかならないから。

どの国に生まれるかで運命がこんなに違うものなのかと思う。


平和な国に生まれただけでそれは幸せなことなんだ
とたまにはマジメに思うmasacoでした。


今日もよろしクリック!!
  ↓ ↓
 
 
スポンサーサイト

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Comment

うーむ。。。

パレスチナ人のお医者さんの友だちも、「自分たちは医者で給料をちゃんともらってるからいいけど、他の人は仕事もないし、戦争の傷跡がひどいから、できれば帰りたくない。早く家族を呼び寄せたい」って言ってました。
言葉が出なくなりますね。。。

日本人に生まれて幸せなんですけど、通り魔事件が多すぎて怖い。
平和ボケ?

No title

国外に出て生活してみて、私も日本に生まれたことを感謝してます。
でも一方で、ヨーロッパに暮らすアジア系ってことで、ジロジロ見られたり嫌な思いをすることもあるかな・・・。
最近は日本も安全とはいえないよね。でも、温泉と和食が恋しい~っ!

♪夜日子さま

あ~通り魔、それ怖いね~。
一見普通の人がいきなり豹変してナイフでプチュッと刺したり…。
確かに日本も歪んだ変な事件増えてますよね。

♪tomoさま

そう、日本も安全とは言えなくなってきてるよね。
「むしゃくしゃして誰かを殺したかった」とかの無差別って怖いよねー。

露骨にジロジロ見られるのは、確かに気持ち悪い。
目合わせようものなら、しつこく話しかけてきそうで凄いイヤ。

訪問ありがとうございます♪

はじめまして!
masacoさんはイタリア在住なんですね
僕もいつかはイタリアに住んでみたいと夢見ています

日本は島国で他の国との接点が特に少ないと思います
僕も仕事で他の国の人と働く機会がありますが
民族の意識が日本人にくらべて強いと感じるもんなぁ、、

ではまた遊びにきまーす! 






はじめまして!

そして、ご訪問ありがとうございました♪
masacoさんのこの記事を読んで、私の留学時代の記憶が蘇ってきました!
私の仲の良かったコロンビア人の女性からは、友達が誘拐されて殺された話や、身内が目の前で殺された話を聞きショックを受けました。彼女の家はお金持ちだったために、両親が誘拐を恐れてイタリアへ留学に出したとか・・・。

確かに、生まれた国によって本当に運命が違いますよね・・・。この運命ってどうやって決まるのだろうと真面目に考えたことが思い出されました。

日本も、色々な嫌な事件があったり、アジア人だと白人社会では明らかに差別されたり、日本人だと分かると、ナンパがしつこかったり・・・なんてことはありますが、幸せですよね。

また、遊びに来ますね!楽しみに読ませて頂きます♪

♪しばいぬさま

訪問してくださって、そしてコメントまで頂いてありがとうございます。
確かに民族の意識は皆さん強いですよね。
私はイタリアに行ってから、それまで気付かなかった日本の良い部分が見れた様な気がします。
是非、また遊びに来てくださいね。
私も遊びに行きます☆

♪フェニーチェさま

はじめまして。訪問してくださってこちらこそありがとうございます。
そう、ショックですよね。テレビで何となく見てたようなことを、実際に目の前のこの人も経験してるんだと思ったら…。日本ではこういう人に出会うってこと、まずありませんでした。
是非また遊びに来て下さい。
私もフェニーチェさんのブログにまたお邪魔します☆

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。