スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

撮影現場

イタリアで頑張っても何故か美味しくつくれない日本食。
家庭の味を中心に堪能中 in ジャパンのmasacoです。


さてさて、先日実家にて、
プロフォトグラファー(カメラマン)による撮影が行われました。 

撮影に使われたのは実家の座敷。

いくつもある機材をバケツリレー方式で
あいよっ、あいよっ、あいよっ、あいよっ
と座敷へ運び込み、(ワタクシこの間手伝わず)
すっかり座敷がスタジオと化しました。

光の露出をチェックし、一番奇麗に見える角度で

「いいねぇ~。ハイッ、じっとしてぇ~」 kissDNカシャ~ッ



で、その気になるモデルとは・・・



ワタクシ 


ではなく、“お漬け物” 


   IMGP4105_convert_20080911120754.jpg
    (↑パシャパシャ撮られるお漬け物達)



お歳暮用パンフレットの撮影だったんだけど、
お漬け物のくせに照明に照らされ、奇麗に見えるよう向きや位置を変えられ。


あんな風にライトあててもらったら、こんな色黒のおばちゃんだって
シミ&皺マイナスで美女になれるのかい?
キラキラお目目�L���L��になれるのかい?

お漬け物を押しのけ、ライトの下に入いってみたかった・・・


でもそんなことしませんよ。

だってこのフォトグラファー、実はワタクシの弟。
そんな事したらキモイと罵られるどころか、
半殺しの刑に遭いますからね。 怖い怖い


そして、母と姉(=ワタクシ)のナイスなアシストのお陰?で
無事撮影終~了~。

いろんなパターンのお漬け物の写真が撮れました。
後でパソコンで見ると
うん。
やっぱ素人とは違うね。 ブラボ~ざます

どんなパンフに仕上がるのか楽しみです。


でもあれだね、
微妙な光の違いで随分とイメージが変わるもんだね。

それからフォトグラファーもそうだけど、
フードスタイリストの仕事って簡単そうで難しいね。
技術とか経験だけじゃなく、センスも無いと出来ないなぁと思った。



ああ、神様。
ワタクシにもステキなセンスをくださいまし~。



今日も愛のクリックありがとうございまする~
 ←これと
←これ 
スポンサーサイト

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。