スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカンス 2008


ただいま~!!

無事にペルージャへ帰って参りました。

今回行って来たのは、カラブリア州のCapo Rizzuto(カポ・リッツート)

    images-1.jpeg
    (こんなとこ↑)

出発前に、お友達から
「気をつけた方がいいよ~、マフィア。
道路標識に穴なんか空いてるよ~。(←ピストルで撃った跡と思われる)
ホテルからは出ない方がいいね」
と、かなりネガティブな情報をつかまされ、かなりビビる私達。

で、出発~! zoomzoom001

ナポリまで快調に飛ばす。
が、サレルノあたりから進みが悪くなる。

だって、工事してるから高速なのに1車線になるわ
途中で高速降りて山道(一応国道)走らされるわで、
そりゃアンタ、渋滞にもなりますわな 

そして、確かホテルはこの辺のはず… って所まで来て道に迷う。
やっと発見した上半身裸の村人に道を尋ねてみると

「途中まで連れて行ってあげるよ 付いて来な

とあまりにも親切なので、後でいくらか請求されるんじゃないかと
ビビりながら村人の車を追う。

しばらくすると村人が車から降りて来た!
しかも確実に助手席の私の方に向かってる!! やばいゾ!!

「後はここからひたすら真っ直ぐ行くだけ。
ぜったい曲がらないでね。チャオ!

と村人。
それだけ言うと、何も請求せずに去って行った。
上半身裸の村人は親切な村人でした。疑ってスマン

そして親切な村人に言われた通りひたすら田舎道を真っ直ぐ進むと

    IMGP3893_convert_20080825024733.jpg
          (↑こんな道を約2km)

    IMGP3967_convert_20080825025851.jpg
          (↑イチジクもなってる)


ペルージャから10時間、お目当てのホテルにやっとこ到着~!


早速チェックインを済まし、ホテルのプールへレッツらGo~!

そしてディナーのお時間。
このホテルは3食付いていて全てブッフェスタイル。
もちろん食事もワインもおかわり自由はありがたい。

続いてプールサイドでリラックスタイムと
バカンスが始まったのを実感 heart02

      IMGP3964_convert_20080825025829.jpg
          (↑プールサイドのバールからの眺め)


プールサイドでまったりしてると「ショーが始まるよ~」と声を聞いたので
ホテルのミニテアトロまで向かい、着席。
ショーが始まるまでの間、少しだけライトアップされてるステージに子供達が勝手に上がり、BGMに合わせてこれまた勝手に踊ってる。
その子供達が大人さながら腰をフリフリ踊り狂う様子はなんとも…



さてさて翌日は朝からビーチ
キョッキさん、ビーチバレーをしたくてウズウズしている様子。
(午後のカルチェットにはもう既にメンバーに登録済み)


【おまけ】
 ホテル内のお店で和モノ発見!!

    IMGP3836_convert_20080825024220.jpg  IMGP3837_convert_20080825024301.jpg
          (前)             (後ろ)


 ペコちゃんって・・・



ランキングに参加しています。
ポチーッとして頂けたなら、大変うれしゅうございます。
  ↓↓        
 
スポンサーサイト

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

go page top

Comment

No title

お疲れ様~。車で10時間はかなり疲れたのでは?
でもビーチにプールにブッフェにのんびり出来たみたいで何よりです。
イタリアのプリント物ってかキャラクター物ってちょっと和むよね~。

♪tomoさま

そう、日本ではもう見れない日本キャラがイタリアにはいてるよね。
tomoちゃんのスパンクもかなりビックリしたよ!

No title

車で10時間ですか、お疲れさまです。

ホテル内のお店にこのぺこちゃんのTシャツ売ってたんですか?
何ゆえにペコちゃんなんでしょう。
だけど、イタリアでペコちゃんなんて嬉しいかも。

No title

そうです。遠かったです…。お尻が痛くなりました。
イタリアで、なんで???と思う様な海を越えた日本のキャラを見かけて、びっくりすることがたまにあります。
go page top

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。