スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美容院へゆく

5ヶ月になったチビキョッキ。
最近ジタバタが増々パワーアップ。

そんなチビキョッキに
髪を引っ張っられ
小さい手で腕の肉を「ムギーッ」と握られ
オムツ交換の最中には溝内にキックを食らいまして
さらに抱っこしてたら鼻に指を突っ込まれるという

なんだかもうやられっぱなしのmasacoでございます



さてさて
BOLZANOへの子連れ同伴出張の前に
帰宅翌日には親戚の結婚式もあったので
勇気を出して1年半も放ったらかしにしていた髪を切りに
美容院へ行ってまいりました。


本当はいつもお世話になってるオネー様(日本人)お勧めの
美容院へ行きたかったんだけど
我が家の下のtapezzeriaの奥様Sさんが
不幸にも午前中だけ美容院へお手伝いに行っていて
かなり前から「髪切るなら私のとこにいらっしゃいよ」と
何度も誘ってくれてたけどもなんか信用できねー。

で、この美容院のお手伝いってのも期間限定で
2月までって聞いていたからそれまでは粘って
2月以降に「なんだー、Sさんもういないのかー。残念」とかなんとか言いながら
その信用出来るオネー様お勧めの美容院にいくつもりが
お手伝いがなんか延び延びになってるみたいで・・・

さらにこのSさん、ちょっと面倒くさい方なので
切った髪を見て「ちょっとー、おいでって言ってたじゃなーい」って
起こられるのも怖いし・・・

日本人(私)の髪はイタリアの皆さんと違って
太くて真っすぐだから
段々scalaにはしないで欲しいとか
最後は櫛みたいなハサミで梳いて欲しい(この説明がなかなか出来ない)
など事前に話してみると
「わかってる、わかってる。大丈夫よ。
最後は櫛みたいなハサミで段々にならないようにするんでしょ」と
わかってるみたいな・・・

と、前置きが長くなりましたが
とにかくほんの僅かな期待を胸にSさんの働く美容院へ行ってみた。


美容院に着いてみると
そこはなんか【美容院】というよりは【理髪店】

ヤバいかも・・・


髪を洗ってもらい
椅子に座るとSさんじゃなくてオーナーが切ってくれるみたい。
どう切って欲しいかもう一度出来る限り説明をし
さらに雑誌のモデルで最終確認。

オーナーは「大丈夫、私に任せて」と自信たっぷり。

さぁ、始まります。
ドキドキです。

頭のてっぺんで髪をまとめ
ネジってネジって先っちょを一気にパツンッ!

思わず発狂しそうになるのを抑えて
「こ、こんな切り方見た事ないです」

それから、日本では見た事もない
よく言えば斬新な切り方で多くて長い私の髪をざくざくカット。

途中
「いつか日本に行ってみたいのよ。で、皆の髪を切りまくりたいわー。絶対イケると思うのよね」
と言い出すオーナー。

アナタ、その自信はどこから・・・。


で、カット終了したところで
オーナーは私の後ろで両手の親指を力強く立てて「グー」のポーズ。
しかもロバート・デ・ニーロの様な口角を下げ、目をしぼませたあの表情付き。

アナタ、その自信はどこから・・・。


ブローをしてもらいお会計もすまし帰宅。


いつものように用事をする為後ろで髪を束ねると
前髪落ちて来るじゃなーい!

しかも帰って来たキョッキさんに
「どうしたの?SCALA(段々)になってるじゃない」とな!


うっすらでも期待した私が悪かったのか
「あ~あ~、やっちゃったねぇ」な髪型になりました。

後ろで髪を束ねるとホウキのようになるし
余計にまとまらなくなったこの髪。
結婚式もあるっちゅーのに!

慌ててヘアーアイロン(クルクルするやつ)をMediaWorldへ買いに走りましたよ。




最近やっと立ち直れたというか
この髪となんとか付き合って行こうと前向きに考えられるようになりました。


8月日本に帰国した際は真っ先に美容院に行きたいと思います。



長文お付き合いありがとうございました

 
 






スポンサーサイト

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Comment

すいません、おもろい・・・

おもろすぎますi-237
masacoさんの髪の毛は残念な結果になったようですが、理髪店(?)の人たちに笑わせてもらいました。
8月の帰国が待ち遠しいですね☆

No title

わーやっちまいましたね~。
私も、1度こっちの美容院にお世話になったのですが・・・長い髪をすいてもらっただけだなので、可も無く不可も無く。
しかし、その割には高かったので、今は自分で切ってますー。
はさみと鋤ばさみがあれば、何気にいけちゃうので。
こっちの美容師さんって、結構簡単になれちゃうって話を聞いたので、更に距離を置いちゃってます。。。

♪ニンジんさま

ほんと、8月の帰国が待ちどうしくてたまりません。

♪stella cadente さま

ええ、やっちまいました。
stella cadenteさんの時のように髪をすいてくれるだけでよかったんです。
今回のお代金は33ユーロでした。

No title

だから言ったじゃな~い!

♪ねーさんさま

そうなんですよね…。
ご近所さん、ちょっと面倒な方なので行っといた方がいいかなと思って…。
次回からはねーさんとこに行きます。その際はヨロシクお願いします。

ところで、お帰りなさーい。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。