スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あぁ羊水検査

イタリアでは35歳以上の妊婦さんは
羊水検査(Amuniocentesi)が無料で受けられます。

キョッキさんと相談し
ギリギリセーフでこの年齢に達していた私も
この検査を受けることにしました。


予約は朝8時。
でもぜったい私の他にも同じ時間に予約してる人、何人もいるぜ。
と、これまでの経験から学んだ私は、
キョッキさんと共にちょっと早めの7時半に病院入り。

やったぜ、1番乗り!!

私達が受付を済ませたその後から
続々と妊婦さんとその旦那さん達がやって来た。

ほらねー。
思ってた通りその日の同じ時間に予約してた人は他にもたくさんいて
その日は8人でございました。

さぁ、とっとと済まして帰るわよー。

しかし8時半になっても何にも始まらないし、声すらかけられない。

皆イライラ、ザワザワしだしたよ。

で、9時。
やっと妊婦さんに集合がかかり、その辺の空いてる病室へ通された。
旦那様達は廊下で待機。

おー、いよいよーっ! 

これから説明ですか?
私でもわかるかしら~
とちょっとドキドキ。

すると

「皆さん、申し訳ありませんっ!!」

とドクターの第一声。


へっ!? なんで謝ってんの??


羊水検査に必要な針とかなんかそんなものが
ローマの税関かどっかで足止め食らっていて
まだ病院に届いてないらしい。


なんじゃそりゃっ!!


(ちなみにその必要な針とかなんかそんなものは日本製なんだって)

っつーか、
そういうのってストックがあったりして
最低前日までには用意しておく物じゃないの??

もう普通ではあり得ない、あってはならない
呆れてしまうこの事態。

他の妊婦さん達は待たされてるだけでもイライラしてたから
怒りは相当なもんだろう。
さぁ、皆さんどんどん言ってやって頂戴!
私は「そうだ!そうだ!」と盛り上げ役に徹しますから。

と思いきや。

「それは、大変ですね」とか
「そういう理由だったら病院側のせいじゃないですよね」とか

皆すんごい聞き分けのいい良い子に大変身。


なんじゃそりゃっ!!


と、その中に唯一の質問者出現
「羊水検査の為に飲んだ抗生物質は、引き続き飲まなくていいんですか?
 それとも効き目は数日後もあるんですか?」

そうだ、そうだ!
私はこの抗生物質を飲んだ3日間、酷い下痢に悩まされたぞ!

「抗生物質は、昔はもともと飲んでなかったので大丈夫です。
 そして皆さん安心して下さい。私は20年間この検査を担当していますが
 失敗した事など、1度もございませんっ!」


って、そんなんでええのんか? 


結局その日は無駄に早起きし、無駄に2時間も病院で過ごして解散。

羊水検査に必要な針とかなんかそんなものが届いたら
すぐに連絡してくれるということだったので家で待機していると
連絡ありました。
2日後に。

検査は翌日の朝8時。

で、またまたキョッキさんと1番乗りを目指すべく
7時半に病院入り。

でも今回は2番目。

8時には前回とほぼ同じメンバーが集合。

しかし、待てど暮らせどお声がかからない。
あっちゅう間に時間は9時。

皆の鋭い視線を避けるように急がしそうにパタパタしている
担当の助産婦さんを旦那さん数人が無理矢理捕まえて
いったいどうなってるのかと質問した所
空いてるエコーの装置を探してるんだとか。


なんじゃそりゃっ!!


前もって準備してないのぉー!?


本当に大丈夫なのか? 大病院??


んで、トイレは行かないでって聞いていたので
ずっと我慢してたから、限界はもう間近。

もうどのくらい待っただろう。
やっと担当の助産婦さんから声がかかり
妊婦さんとその旦那さん御一行様が
ゾロゾロと検査室の近くにある待合所へ大移動。

やっと、やっと検査が始まる。
ここまでどんだけ長かったか・・・

早く受付けした人から順番に検査されるのかと思いきや
そんなの全く関係無し。
全くもって適当。ランダム。

3番目が私の番でした。

で、ベッドに横たわるとDr.がお腹を触り
「キンキンだね~、もしかして尿が溜まってる?
 トイレ行って尿は全部出して来ちゃって」


なんじゃそりゃっ!!


別に我慢しなくて良かったんやんかーっ!
誰ですか、トイレは行ったらダメって言ってたの。(←担当の助産婦さん)


そしてトイレから戻り再びベッドに上がると
エコーでお腹ん中チェック。
後はプチュッとひと刺し。

数秒後、
「はい、お疲れ様。
 20ccの羊水取りましたよ」と。


あんなに待ったのに、なんかあっけねー。


その後2時間程
待ち合いコーナー(?)で他の妊婦さん&旦那様達と共に様子見待機。

もう帰っていいですよという
助産婦さんの一言を待って
羊水検査後の過ごし方について書かれた紙を貰って帰宅したのでした。
(その紙を読んで初めて羊水検査後3日間は絶対安静と知り
 慌ててその日の夜のコンサートキャンセル)


何が起こるかわからないイタリア。
何事もスムーズに行かないイタリア。

そしていくらタダで検査してもらえるとは言え
こんなにグズグズでもええのんか?


まぁ、最終的には無事に済んだんだけどね・・・


しかし今回だけはイタリア人達もビックリだった様子。


頼むよー、大病院!!



そんな大病院、
最近『イタリアで一番良い病院』に選ばれたそうな・・・

 
 
スポンサーサイト

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Comment

なんじゃそら~(笑)

でもmasacoさんの書き方が面白かったですi-237
どこのヨーロッパでも同じですね~(笑)

♪カッパさま

おフランスでもこんな事ってあるの?
もー、突っ込みどころ満載です。

No title

イタリアで妊婦になるのが、また更に怖くなりましたwww
ご苦労様でした~!

♪stella cadente さま

日本と違って『なんでぇ~?』って思う事いっぱいです。
人によっても言う事違うしe-330
でも35歳以上はこの羊水検査が無料っていうのは助かりました。

No title

注射はいたくないの~!?痛そう><
私も二人目はやってみよう。(対象年齢なはず)

♪なるこさま

痛みは刺す時の痛みだけだから大した事無かったよ。
日本では35歳以上でも有料だと思ってたけど、もしかして変わったのかな。


Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。