スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キョッキご両親の愛

どうも。
キョッキさん、今週いっぱい出張の為
只今一人でお留守番中。
ダラけまくりのmasacoです

キョッキさんの出張目的はヴェローナで毎年催される
ABITARE IL TEMPOっていう展示会。
新しいものいっぱい見れるチャンスなので
私も途中から合流予定だったんだけど
今年はもろもろの事情でペルージャに居残りです。 くすん


さて、こんな時(キョッキさん出張で不在時)
張り切ってくれる方がいらっしゃいます。

そう、キョッキ父とキョッキ母です。

キョッキ父は毎日「元気?」とそれ言うだけの為に連絡をくれます。
そしてキョッキ母は「masaco、1人で寂しいでしょう」
といつもランチに誘ってくれます。

しかし我が家の冷蔵庫にも食材はたんまりあるし
1人でキョッキご両親宅にお邪魔するのは
まだまだ気を使う。
それに「いいえ、全然寂しくありません。
むしろ毎度の食事を考えなくていいので
5日間くらいならのんびりできてちょっぴり嬉しいくらいです」
などとは到底言えない・・・

でも断ってばかりも失礼なので
5日の内2回はありがたくお受けする事にしている。

そして昨日がその日。

キョッキさんが車で行ってしまったので、キョッキご両親宅までは
キョッキ父の送迎付きというありがたいサービス付き。
(しかしこれもまた気を使う)

で、食事を終え
さてそろそろおいとまのお時間。

「masaco、これ持って帰りなさい。それからこれも」

キョッキ母がお持ち帰り用にせっせこ用意してくれているのは
1人では食べきれないほどのイチジクと
これまた1人では食べきれないほどの肉。

「masacoがイチジク好きって言ってたから、
あの人(キョッキ父)がお友達の庭の木になってるのもらってきたのよ」
「わー、ありがとうございます。
しかし・・・これは1人では多すぎます」
「イチジク好きなんでしょ? だったらこれくらい食べられるわよ」
「確かに好きですが、私は一人なので少しで充分です。
義母様も好きなんでしょ?」
「好きよ。でも私はこんなに食べられないわよ」
「だったら私も・・・」
(とこの時点でもう袋詰め完了)

「肉は解凍した肉だから明日までには食べてしまいなさいね。
これくらいは食べるでしょ」
「ヒーッ。義母様、私1人でこれは多すぎます。
私はこのくらいで充分です。
義母様達の今晩のメニューにして、その残りを私が頂くというのは・・・」
「私は食べないし、あの人も(キョッキ父)も食べないわよ。
masacoが食べると思って解凍したんだから
ね、持って帰るでしょ?」
「そ、そうなんですか・・・ それではお言葉に甘えて・・・」
(と言い終わる前に袋詰め完了)

どうも押しに弱いmasaco。
しっかり頂いて帰ったそのイチジクとお肉は
只今必死で消費中。

そして明日もお呼ばれ予定。
明日のメニューは「ヒヨコ豆スープ」らしいです。


それにしても、
(ちょっと量が大袈裟というのは置いといて)
息子(キョッキ)の不在時にも
私に親切にしてくださるキョッキご両親。
本当にありがたいです

 
 
スポンサーサイト

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Comment

No title

ホント、有難いですよね~。(量は多いですけど・・・)
イタリア人と結婚してよかったのは、嫁姑の関係がラクチンなところですwww
大切にしてもらえるのは嬉しいのですが、やっぱり1人でぐ~たらできる時間も楽しみたいですよね~。
我が家の場合、私の車がないので、夕食を持って家まで来てくれますwww
ありがたや~。

♪stella cadente さま

そうなんです。
が、贅沢言うとそろそろ“量”ってものをわかって欲しかったりも…。
実は自分でも献立を立ててたりするので、悲しいかなサヨナラすることもあるんです。(←もちろん内緒で)
でも気持ちはとってもありがたいです。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。