スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口内炎とプロポリス

ある日の夕食時。
何気にパスタを頬張っていたら、
「ガリッ」と右側上下の犬歯で唇よりやや下部分を噛み
微妙に出血。

その数日後、
ガムを噛み噛みしながらショッピングモールをうろうろしていたところ
前に噛んだ所と同じ所を「グリッ」と噛んだ!

痛い…
そして購買意欲撃沈。

このままガムを噛み続けては危険と判断したので
ゴミ箱見つけたらすぐに捨てようと思ったのに
そのゴミ箱がなかなか見当たらない。
見当たらないから、探してるその間に
同じ所をさらに2度程噛んだ!

い、痛い…
(今思えば適当な紙に包んでおけばよかったんだけどね…)

・・・それからさらに数日後
その噛んだ跡が、見事なまでに立派な巨大口内炎に
大変身しましてね。

喋るだけでも犬歯が口内炎に触れて痛い。
笑うともっと触れて痛いので表情は硬く、
それでも左半分だけで頑張って作った笑顔は
「ニヤリ」と悪人風で増々怪しい。

お食事なんて、もう恐ろしい(それでも食べるけど)
口内炎に触れないように、そろりと口に入れ
咀嚼はなるべく左側でするようにしてたんだけど
それでもやっぱりいろんな物が触れて痛い。

日常生活に支障をきたす程のこのビッグ口内炎。

その事を一緒にピッツェリアで食事した
友人に話したら

「それにはプロポリスが効くわよ」と。

家に帰ってちょろっとネットで調べてみると
「欧米では古くから民間薬、強壮剤として用いられてきた」
さらに「天然の抗酸化物質」って書いてるじゃな~い。

なるほど。

翌日、早速町のErboristeriaへ駆け込み、
プロポリス購入。

     IMGP5329_convert_20090423193654.jpg


で、Erboristeriaのおばさんに教えてもらった通り
綿棒に浸して、口内炎に塗ってみる。


し、しみるぅ~っ!!!


あまりの痛さに心臓がバクバク。

小学生低学年以下の児童だったら絶対泣いてるね。

しかし、こんなに滲みるとは・・・
まったく油断してました。

お薬じゃないから体には害がないかもしれないけど
いちいちバクバクする心臓にはかなりの負担がかかってそう。

1日に何度も塗るらしいので
ビクビクしながら塗り続ける事約2日。

口内炎、治りました。

まだ完治とは言えませんが
喋っても、笑っても、そして何を食べても
痛くな~いっ。  万歳~!


これは自然治癒力のお陰で治ったのか
このプロポリスのお陰で治ったのかは
同時進行していないのでわかりませんが
とにかく治って良かった。

今度からはひどくなる前に塗ってみよう。
早めの処方が効くって言うしね。


ご訪問ありがとうございました~  
ポチ~ッ
  ↓↓        
 
 
スポンサーサイト

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。