スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィノッキオ

さて本日は日本のスパーではあまり見かけないけれども
イタリアではお馴染みのお野菜
Finoccio(フィノッキオ)の小話。


Finocchio(フィノッキオ)は
英名=フェンネル、和名=ういきょう です。

finocchio-foeniculum-vulgare_convert_20090122205235.jpg



主に白い茎の部分は野菜として、
そして葉の部分はハーブとして、
そして種は香辛料として使います。


味は甘いというかなんというか、
なんとも不思議な香りが口の中に広がります。

秋~冬が旬のようですね。
白い茎の部分がずっしりおデブなのを選びましょう。

このFinocchio、約90%が水分でビタミンCが豊富、
あと鉄分やカリウム、食物繊維も含みます。
消化を促進し、利尿作用があることから
ダイエットにお勧めの野菜なんだって。
それから授乳期の母乳の分泌も促進するらしいですね。


我が家でのFinocchioの調理方法は
スライスして生のままサラダに投入するか、
ブレサオラ(牛の生ハム)と一緒に食べるか。
もしくは蒸してオリーブオイルと塩のみでいただくか
といたってシンプル。
他の調理法も勉強しなくては・・・


ちなみにイタリアでFinocchioと言えば
“ゲイっぽい”って意味もあるんだって。





「へぇ~」な1票ありがとうございますぅ~。
  ↓↓        
 
 
スポンサーサイト

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

Comment

生でも食べれるんですねー!

フランス語ではfenoui(フヌイユ)です。
やっぱり似てますね~♪

知らない間に食べてたかもしれんけど、生で食べた事ないですわ!
私は5mmくらいの分厚さに切って、オーブンでオリーブオイルと塩でゆっくりじっくり焼いて食べるのが好きです♪
甘みが出て、めっちゃおいしいe-349

♪夜日子さま

なるほど! オーブンで! 今夜早速試してみます。
同じヨーロッパだから食材はよく似てますよね。フヌイユ。。。

No title

うちも大体はサラダですね~。
もしくは、オーブンでパン粉焼きか、ポタージュスープやパスタソースに使ってます。
大きくザクザク切ってピンツィモーニオもダイスキです!

消化作用があるんですね~!
確かに、繊維豊富だからお腹に良さそうです☆

♪stella cadenteさま

フィノッキオのポタージュスープとかパスタソースとか、そんなん作った事ないですぅ。
どうかレシピをstella cadenteさんのブログにアップして下さいっ。
それからピンツィモーニオって何ですか!?

No title

ピンツィモーニオはただの野菜スティックですー。
マルケではあんまりメニューに載ってるのを見たことないんですが・・・
北イタリアに居た頃は、頻繁に食べていましたwww
今度フィノッキオ系作ったらレシピUPしますね~!
ポタージュもパスタソースもほとんど一緒なので。

こんにちは!

早速ブログに遊びにきてくださって、嬉しいです!

このお野菜、たしかに日本では見たことがないですね~。
中国でも同じくみたことがないです。
ヨーロッパのほうでしか、食されていないのかしら???
蒸して、オリーブオイルと塩で食べる・・・
チンゲン菜みたいと思ってしまったわたしでした(〃^∇^)o_彡

No title

なんとなくスーパーで素通りしてしまう野菜だったけど、
今度買ってみよう。
せっかくだから色んな料理挑戦しとかないとね。
自分にとって新しい食材って、具体的なレシピを教わるとチャレンジしてみようって思えるものだね、まあちゃん有難う!

♪stella cadenteさま

北イタリアにも住んでらっしゃった事あるんですね。
レシピアップよろしくですぅ~♪

♪cafelattecatさま

ヨーロッパではよく食べられているそうです。
確かに、チンゲン菜の下の肉厚で白っぽい部分とちょっと似てるかも。
でも味はビックリする程全然違いますよ。

♪tomoちゃま

始めての野菜は素通りしてしまいがちよね。私もそう。
特にブロッコリーの横に陳列されてるジュゲムみたいな野菜。あれはちょっと勇気要るわ。
一度現地の人に食べさせてもらうと、今度は自分でもチャレンジしようと思えるよねぇ。
フィノッキオはお呼ばれした時に始めて食べて、とってもセンセーショナルだったのを覚えてます。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。