スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカンス2008 其の3

バカンス in カラブリア4日目。

ホテルに到着したその夜、バカンス中に役立ちそうな情報を
レセプションで集めていると
“一番奇麗な海があるところまで皆で行ってみよ~ツアー”
ってのもあるよと聞き、もっと奇麗な海をせっかくここまで来て見ないのは
損というものか、と考えた私たちは早速そのツアーに申し込んだ。

でもお一人様30ユーロはやや高い様な気もするんだが・・・

まぁ、いっか。

当日、
朝9時にホテルのレセプション前に集合し
そこからホテルのミニバスでボート乗り場まで送ってもらう。

このツアーを仕切るのは、地元のおじちゃんPesce(ペッシェ)さん。
このPesceってイタリア語で“お魚”っていう意味。

“お魚”さんにボートで海を案内してもらうって、
何とも良く出来たお話ですこと。

このツアーに参加するのは約25名なんだけど、
ボートを見た途端、ほんとに全員このボートにのれるのかい??
と乗り込む前から不安になる。

やはりお一人様30ユーロは高かったのか・・・?

結局ワタクシの心配をよそに全員乗れました。

が、

なんかパッと見、難民ボートっぽくないですか…

ま、まぁ、いっか。

で、いざ出発~っ!!!  さぁ、飛ばしてちょうだいっ
と思ったら、あれ?Pesceおじちゃんボートの鍵忘れたの!?

慌てて家に取りに帰るんだが、
その間難民ボートの乗客状態の私たちは炎天下に置き去り。

お一人様30ユーロはやはり高かったと思われる。


そんなイタリア的グズグズな状況で、
イタリア人は知らない人同士でお喋りなんぞ始める。

この行為は皆のイライラを紛らわす為に気を使った紳士的行為なのか、
はたまたただのお喋り好きであるが故の行為なのか。
・・・ワタクシは後者と捉えます。


で、Pesceおじちゃんが鍵と共に戻って来たところで
今度こそ出発~っ!!

き、気持ちィ~!

   IMGP3905_convert_20080825024807.jpg


約20分ぐらい走らせたところでおじちゃんエンジンストップさせる。
どうやら目的地に着いたらしい。

でもボートが流されないようにロープをくくり付ける作業って
お客がやるものなのかい??
まあ、皆さん快くお手伝いしてましたけどね。

そして足ヒレを付け、ゴーグルとシュノーケルを付け
大人も子供も皆次々に青い海へダイブしていく。

ワタクシも子供に負けてはいられないので意を決してダ~イブッ!!

いきなり水を飲んで凹む��������

ややテンション下がるが、気を取り直してゴーグルとシュノーケルを装着し
慣れない足ヒレでぎこちなく水面を泳ぐ。というか、浮く。

が、シュノーケルから水が入ってきて思うように息が出来ない  へ、ヘルプッ

さらに凹む��������  

こんなとこで水飲んで溺れてはシャレにならないので、
ボートへ引き上げることに。

しかし波がありボートの上も揺れるので、なんだか酔ってきた…

こんなとこで気持ち悪くなって海を汚す事になっては
これまたシャレにならないので、やっぱり海に入る事にする。

今度は足ヒレ無しで、取りあえずはボートの周りでチョロチョロしておく事に。

そんなこんなしてるうちに、皆さん満足そうに続々とボートへ戻って来た。

キョッキさんも戻って来て、
「いや~!奇麗だったね~!海の底に沈むコロンナ(=ギリシャ神殿の柱みたいなの)!!こんな風に重なっててねぇ。えっ?? 君見てないの??」

って、そんなんあったんっすか!?
どうやらワタクシ、自分の事で必死で
Pesceおじちゃんや皆がコロンナがああだこうだ言っているのを
聞き逃していたらしい。
ちきしょーっ!
その海底のコロンナとやらを見てみたかったなぁ。
テレビの世界遺産とかで見るあんなんなんだろうか…と想像してみる。

そしてコロンナ見れずで無念のまま、このポイントは終了。
他2つの見所ビーチへと移動。

1つ目は、海のすぐ側に小さな滝があって、
Acqua Dolce(=淡水)と Acqua Salata(=海水)が出会う
「ほら、自然ってすごいでしょ」というポイント。
Acqua Dolceはしばらく足をつけてると痛くなる程冷たい。
で、もちろん飲めます。

そして2つ目は
Sabbia Rossa(赤い砂)のビーチ。
といってもワタクシにはどう見ても砂の色は黄色なんですけどね。
でも、ビーチは洞窟みたいになった岩があったりと、
是非また行って、今度はゆっくりしてみたいと思うビーチでした。


と、こんな感じで半日かけて
“一番奇麗な海があるところまで皆で行ってみよ~ツアー”が終了。

ランチを済ませ、ワタクシはお昼寝、キョッキさんは卓球
それからプールサイドでまったりと午後を過ごし、そしてディナー。

ディナーの後は隣町のLa Castella(ラ・カステッラ)を観光。
お目当ては、この町の今から500年程前に海に浮かぶ様に建てられた
というお城。

La castella、町へ一歩入ると人がいっぱい!
交通規制までされてる。
この辺りって海以外ほんと何にも無いとこだから
きっと他の人も私たち同様、ここぐらいしか他に行くとこ無かったんだろうね。

メインストリートであろう道に並んでる店を途中で覗きながら
奥へ進むとお城に到着。

そりゃぁね、幻想的で奇麗でございましたよ。

    IMGP3849_convert_20080825024429.jpg


    IMGP3858_convert_20080825024536.jpg
        (↑↓ライトアップされたお城内↓↑)
    IMGP3871_convert_20080825024607.jpg

ライトアップされたお城はうっとりするぐらい素敵だったんだけど
夜なのであまり細かい所までじっくりは見られませんでした。
足元も危ないしね。

足元と言えば、ここはピンヒールでの観光は避けるべきかと思われます。
なぜなら城内の階段や通路やらあらゆるところがグリル状になった鉄でつくられていて、そのグリルの穴もヒール無くても怖いくらい幅広い。
ピンホールなんぞはまりまくりで危険極まりない。
モデルのような格好をした奇麗なお姉さんが腰を曲げてヨロヨロと階段を降りている姿を見るのは、気の毒な気がいたしました。


ホテルに帰って、この日のイベントも終わったねぇ、
とバールで何か飲んで一息つこうかと椅子に座った所で
「ハッ!! 眼鏡忘れたっ!!」とキョッキさん。
よ~く思い出してみると、どうやらLa castellaのメインストリートのお店で試着した時に試着室にぶら下げたまま忘れてしまったらしい。
去年買ったばっかりなのに… 高かったのに… �������

もう夜も遅いので、次の朝その試着したお店に戻る事にする。

次の朝、またla castellaへ戻る。

でもその前に。

朝早く行ってもどうせ閉まってるだろうということで
またまた炎天下のテニスで一汗流す。

その後お店に行くとありましたです���d�� キョッキさんの眼鏡。
ワタクシはてっきり盗まれてるんじゃないかと思ってたんですけどね。
何せ、そこはイタリアだし。カラブリアだし。

道案内してくれた上半身裸の村人といい、
眼鏡が一晩経っても盗まれてなかった事といい、
カラブリアは以外にも?実は善人の住む町でした。


ついでなので昼のお城も写真に納めてみました。
夜の幻想的な感じもいいけど、
日中の青い空とのコントラストの方がなんかそれらしくて好きだな。

    IMGP3877_convert_20080825024638.jpg



ランキングに参加しています。
皆様の温かいクリックを、どうかお願いいたします。
  ↓↓        
 

おありがとうございます 
スポンサーサイト

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

バカンス2008 其の2

さてさて、一夜明けてバカンス2日目 

朝食を済ませ、先日アウトレットで買ったばかりの5ユーロの藁バックに
バスタオルやら日焼け止めクリームやら本やらを突っ込んで
ビーチへレッツらゴ~ゴ~!!

    IMGP3932_convert_20080825025627.jpg


ハァ~。

海はいいねぇ。

6月に行ったサルデーニャ島(サンタンティオコ)と比べると
カラブリアの水の色は少し濃いめかしらね。

今回のビーチは、ホテルのお客以外でもすぐ潜り込めるような管理の甘~い、一応ホテルのプライベートビーチなので、パラソルとベッドが並べられてたりして至れり尽くせり。

2人前の場所を確保し、日焼け止めクリーム塗りたくり、さらにパラソルの下
なんだけども太陽が眩しいのでサングラス装着。

そしてよっこらしょっとベッドに転がり
3分と経たないうちに、

「ちょっと、聞いてくる」

と、何を聞くのか知らんが、サッサと行ってしまったキョッキさん。


10分経過・・・

20分経過・・・


一向に戻って来る気配無し。「ちょっと」って確かに言いましたよね…


・・・・
もしや!! 溺れてるのではっ!? �K�[��  

急に心配になり、捜索開始。 オーイ

海で溺れた人がいるという気配も無し…。
他の人と立ち話してる様子も無し…。

はて?? 

いずこへ???


目線を海と反対側へ向けてみると
何やら空中に舞う丸い物体がチラッ、チラッと見える。

あっ! そうだった!

キョッキさん、ビーチに行くと
必ずビーチバレーに参加する人だった!

ボールが飛んでるコートまで見に行くと、

やっぱりいてたよっ!!

大ハッスルで回転レシーブなんぞし、楽しそうにビーチバレーしてる。
しかもゲームが終了すると、「もう1ゲームやろー!」とか言ってるし。


心配して非常に損しましたです 

     IMGP3923_convert_20080825025359.jpg


キョッキさんが、ビーチバレーしている間
ワタクシは、海に入る⇒ベッドへ戻る を繰り返す。

そんなこんなしているうちに、ランチタ~イムッ!

ホテルへ戻り、たらふく食べてそして飲む。

その後お部屋でお昼寝。 あぁ、シアワセ~ �L���L��

とワタクシがお昼寝をしてる間、
キョッキさんはプールサイドで卓球に熱中。
(後で聞くと、よい対戦相手(若者)が見つかったらしい)

日本だと、どの温泉旅館にも娯楽コーナーに卓球台が置いているように、
イタリアでも、ホテルのプールや観光客の多いビーチに行くと
卓球台が置いてある。
しかしイタリアの場合は環境が“屋外&炎天下”と、ややハード。


さらに夕方。

ワタクシがプールで泳いだり(午後はプールサイドで過ごします)
本読んだりまったりしている間、
キョッキさんはカルチェットのトーナメントに参加 



     IMGP3948_convert_20080825025721.jpg
      (↑老いも若きも入り交じってのカルチェット)


翌朝、10時にホテルのテニスコートを予約し、
他のカップルとワタクシも加わり4人で約1時間程テニス

って、あのね。
暑いよ。
カラブリアの8月は暑いのよ。
ぶっ倒れるかと思いましたわよ!


これらのスポーツをする為に
マイラケット(卓球&テニス)、カルチェット用シューズ等は
もちろん全て持参でございます。


このバカンス中
ワタクシは、
転がる⇒泳ぐ⇒食べる⇒寝る

キョッキさんは、
ビーチバレー又はテニス⇒泳ぐ⇒食べる⇒卓球⇒カルチェット⇒泳ぐ⇒食べる⇒寝る

というリズムがすっかり定着。
でもイベント(=遠足)のあるときは別。


さて、次の日はそのイベントの日ですよ~。




ランキングに参加しています。
本日もポチポチッとありがとぉござります。
  ↓↓        
 

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

バカンス 2008


ただいま~!!

無事にペルージャへ帰って参りました。

今回行って来たのは、カラブリア州のCapo Rizzuto(カポ・リッツート)

    images-1.jpeg
    (こんなとこ↑)

出発前に、お友達から
「気をつけた方がいいよ~、マフィア。
道路標識に穴なんか空いてるよ~。(←ピストルで撃った跡と思われる)
ホテルからは出ない方がいいね」
と、かなりネガティブな情報をつかまされ、かなりビビる私達。

で、出発~! zoomzoom001

ナポリまで快調に飛ばす。
が、サレルノあたりから進みが悪くなる。

だって、工事してるから高速なのに1車線になるわ
途中で高速降りて山道(一応国道)走らされるわで、
そりゃアンタ、渋滞にもなりますわな 

そして、確かホテルはこの辺のはず… って所まで来て道に迷う。
やっと発見した上半身裸の村人に道を尋ねてみると

「途中まで連れて行ってあげるよ 付いて来な

とあまりにも親切なので、後でいくらか請求されるんじゃないかと
ビビりながら村人の車を追う。

しばらくすると村人が車から降りて来た!
しかも確実に助手席の私の方に向かってる!! やばいゾ!!

「後はここからひたすら真っ直ぐ行くだけ。
ぜったい曲がらないでね。チャオ!

と村人。
それだけ言うと、何も請求せずに去って行った。
上半身裸の村人は親切な村人でした。疑ってスマン

そして親切な村人に言われた通りひたすら田舎道を真っ直ぐ進むと

    IMGP3893_convert_20080825024733.jpg
          (↑こんな道を約2km)

    IMGP3967_convert_20080825025851.jpg
          (↑イチジクもなってる)


ペルージャから10時間、お目当てのホテルにやっとこ到着~!


早速チェックインを済まし、ホテルのプールへレッツらGo~!

そしてディナーのお時間。
このホテルは3食付いていて全てブッフェスタイル。
もちろん食事もワインもおかわり自由はありがたい。

続いてプールサイドでリラックスタイムと
バカンスが始まったのを実感 heart02

      IMGP3964_convert_20080825025829.jpg
          (↑プールサイドのバールからの眺め)


プールサイドでまったりしてると「ショーが始まるよ~」と声を聞いたので
ホテルのミニテアトロまで向かい、着席。
ショーが始まるまでの間、少しだけライトアップされてるステージに子供達が勝手に上がり、BGMに合わせてこれまた勝手に踊ってる。
その子供達が大人さながら腰をフリフリ踊り狂う様子はなんとも…



さてさて翌日は朝からビーチ
キョッキさん、ビーチバレーをしたくてウズウズしている様子。
(午後のカルチェットにはもう既にメンバーに登録済み)


【おまけ】
 ホテル内のお店で和モノ発見!!

    IMGP3836_convert_20080825024220.jpg  IMGP3837_convert_20080825024301.jpg
          (前)             (後ろ)


 ペコちゃんって・・・



ランキングに参加しています。
ポチーッとして頂けたなら、大変うれしゅうございます。
  ↓↓        
 

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

go page top

☆手作り簡単PIZZA☆~トッピング編~

さてさて、続きましてトッピング編。

ピザ生地の準備はよろしいですか?

【材料】
〈トッピング①:マルゲリータ〉
  トマトソース 大さじ4~5(ホールトマトにバジル、塩を加えて軽く煮ておく)
  モッツァレラチーズ 100g
  バジルの葉(キョッキ家ではズルをして、バジルの代わりに
  ルッコラ使います)

〈トッピング②:クワットロ・スタジョーネ(=4シーズン)〉
  トマトソース 大さじ4~5(①同様)
  モツァレラチーズ 100g
  ハム 2枚
  マッシュルーム 3~5個(スライス)
  アーティチョーク(市販の瓶詰め) 3~4個(1/4にカット)
  オリーブ 5~6粒

〈トッピング③:チポッラ〉
  たまねぎ 1/2個(スライスして2時間ほど塩水にさらす)
  ローズマリー 1枝分
  塩 少々
  オリーブオイル 少々


  
1)オーブンを温度MAXで予熱しておく
2)強力粉をたっぷり敷いた板に生地を薄く伸ばし、
  オーブンシートを敷いた天板に乗せる。
3)伸ばした生地の上に①~③の好きなトッピングを乗せる
4)(3)をオーブンに入れ250℃(MAX)で約15分焼く

 IMGP3739_convert_20080814050851.jpg  IMGP3746_convert_20080814050942.jpg
     (↑③チポッラ)      (↑②クワットロ・スタジョーネ)
   

5)チーズがとろけて、生地の回りがこんがりしてきたら


ハイッ、でっきあっがりぃ~!! ボナペティート!!


    IMGP1835_convert_20080808020244.jpg
             (アツアツ召し上がれぇ~)



今回は我が家でもよく作るトッピング①~③を紹介しましたが、
この他にも、茄子やズッキーニ、アンチョビ、ウィンナーなど、
いろいろなトッピングも自由に楽しんで下さいね。

それが手作りの醍醐味っちゅうっもんでございましょ? ピザ イズ フリ~ダ~ム♪

ちなみにワタクシは、アーティチョークが好きです


で、で、ピザにはやっぱりビールよねん。

ワタクシもプッハーッ!といきたいと思います。



ランキングに参加しました。
お手数ですが、クリッククリックよろしくお願いします。
  ↓↓        
 

ありがとうござりまする~

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

go page top

☆手作り簡単PIZZA☆~生地編~

ピザッ子なワタクシ。
たま~に手作りピザなんぞ焼いてみる。

スーパーで売ってる冷凍ピザもなかなか美味しいよ。

でもたまには、手作りピザ。
あっついのに、手作りピザ。
こないだ食べたばっかなのに、手作りピザ。

初めて焼いたときは、ピザ用ビール酵母の袋の裏に書いてある
レシピをいちいち見ながらの挑戦だった。

が、いざ挑戦してみると

 捏ねる
  ↓
 発酵(=放置)
  ↓
 伸ばす
  ↓
 トッピング
  ↓
 焼く

だけでいいので、思ったよりもカ~ンタン



では、いってみよー�[

☆手作り簡単PIZZA☆ の作り方


【材料】(イタリアサイズ=大×3枚分)
強力粉  500g
ビール酵母 1袋(3g)
砂糖 小さじ2
塩  小さじ1 
オリーブオイル 大さじ2
お湯(40℃ぐらい) 300g

    IMGP3734_convert_20080814025111.jpg


【作り方】
1)強力粉を山のように置き、中央に凹みを作り、そこへお湯以外の材料を入れ
  山を崩しながらある程度混ぜたら、お湯を足して良く捏ねる(約10分)
2)耳たぶよりやや柔らかい固さになってきたら生地を丸くまとめ、
  薄くオリーブオイルを塗ったボールに入れ、ラップをし、
  温かい所に約1時間放置(←1次発酵)
3)生地が倍の多きに膨らんだら、ガスを抜くように捏ね、3等分にする。
  再度ボールに入れて30分放置(←2次発酵)

ハイッ、これで生地完成。

すぐに食べませんという方は、ラップに包んで冷凍庫で保存すれば、
またいつでも食べたい時に食べられますよ。

イタリアの家庭でPizzaを作る場合は、イーストではなくビール酵母が一般的なようです。
   
IMGP3736_convert_20080814025204.jpg(←コレ 3袋入り)


このビール酵母、日本ではなかなか見かけないようですが、
ドライイーストなど、手に入りやすい物で充分美味しくできますよ。


手作りPIZZA。
何が良いって、安くて、好きなトッピングが出来る事がいいんですよねぇ~。

さてさて、次回はトッピングをアップします。
どうぞお楽しみに�[




ランキングに参加しました。
恐れ入りますが、ポチポチッとお願い致します
  ↓↓        
 

ありがとうございますぅ。

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

go page top

ハーブ屋さん

夏になると、足が重~く、だる~くなる。
特に夕方、ヒールなんか履いて、アペリティーボheart02とかのんきな事やってられなくなる。

お食事付きパティーと思って張り切って行ったものの、
立食パーティーだったりした時にゃぁ

椅子を出せぇー!

と叫びたくなる。


そこで、お友達に進めてもらったのがMirtillo(ミルティッロ=ブルーベリー)のサプリメント。

ブルーベリーって目の疲れに良いって聞いた事はあったけど、
足の浮腫みにも良いって知らなかったなぁ。 ワタクシだけでございましょうか…

お友達がErboristeria(エルボリステリア)で売ってるよと言うので

早速、Mirtillo(ミルティッロ)を求めるべく、町のErboristeriaへ行ってみた。


Erboristeriaとは、どの町にも必ずある、ハーブ専門店。
ハーブティーからボディークリーム、サプリメントまで
ハーブに関するものならなんでも扱っている。
アジア的には自然食品屋さんとか、漢方屋さんみたいな感じなのかしら?

Farmacia(ファルマチア=薬局)とはまた別なんですねぇ。



Erboristeriaにて早速尋ねてみると
ヨーロッパ女性の40%が、この足の浮腫みに悩んでいるそうで、
よくこういう相談があるらしく、

「え~っとぉ、足が浮腫んでぇ…」

とまで言ったら、

「あぁ、はいはい。ミルティッロね」

とサササッと出して来てくれた。

話が早い。

で、出して来てくれたのがコレ

   IMGP3756_convert_20080814010708.jpg

1日2~4カプセル飲むらしい。

始めてまだ1週間も経ってないので、何とも言えませんが
悪くは無さそうなので、このまま様子を見たいと思います。



ランキングに参加しています。
ポチポチッとして頂けたなら、大変うれしゅうございます。
  ↓↓        
 

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

go page top

ノルチャのサラミ

今日はウンブリアの町、Norcia(ノルチャ)を紹介。

Norcia(ノリチャ)はペルージャから約100km南東、標高604mにある町。 

ここで有名なのはなんと言っても、サラミとソーセージ、
そしてプロシュート(=生ハム)の豚の加工モン。

それは、

「ノルチャに行って来るよ」

と言おうものなら

「生ハムとサラミよろしくねheart02

と速攻で頼まれる程有名。 お小遣い無いときはこっそり行きますヨ


イタリアでプロシュート屋さんや、サラミ屋さんがNorcineria(ノルチネリア)と呼ばれるのも、このNorcia(ノルチャ)が語源となっているんだって。

そんなノルチャのとあるNorcineria(ノルチネリア)で
店先に吊られているサラミやプロシュートがあまりにも大量なので
思わずパチリッkissDN

    267-6773_IMG_convert_20080814054004.jpg

       267-6776_IMG_convert_20080814054127_convert_20080814054301.jpg 
        (にょほ~っ! プロシュートぎっしり~!)


店内にはいろんなサラミやプロシュートがい~っぱい!

「おじいちゃんのキ○タマ」って言う名前のサラミまで ぷぷぷっ


そして私達が選んだのはこのミニサラミ

    267-6785_IMG_convert_20080814054409.jpg
  
正直、サラミとかプロシュートはイタリア人が「美味しいから食べてごらん♪」
と言われてもイマイチ美味しさの違いがわからなかった。=どれも美味しい

匂いを嗅いでも、そのワイルドな匂いが
以前実家で飼っていた柴犬の肉球(=足の裏)の匂いを思い出させる
だけだった。


しかぁーしっ!!

このミニサラミのウマいことウマいこと!! 
赤ワイン片手に、どんどんいけちゃう!


しかし、いくらウマくてもやはりサラミはサラミ。
カロリーハイでございます。
次の日には背中にポツリと吹き出物ニキビが出来てましたよっ! しかもデカ目

それでもまたあのミニサラミは是非食べたい。
吹き出物ニキビ作ってでも食べる価値アリなのでございます!

このNorcineria(ノルチネリア)さん、もらって来たパンフレットを
さっきちらっと見たらAssisi(アッシジ)にも支店があるって
書いてるではないかっ!!
知らなかった~。

近くなのでまた行ってみたいと思います。


【Brancaleone da Norcia】
Norcia
Corso Sertorio 17 e Via Roma 24
06046 Norcia (PG)

Assisi
PIazza Santa Chiara 3/C
06081 Assisi (PG)




ランキングに参加しています。
今日もポチポチッと、お願い致します。
  ↓↓        
 

ありがとうございますぅ

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。