スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

売却なり

福島の原発問題の長期化。
これからどうなるんでしょう。
毎日ニュースを見ているのですが、
もう、ただただ心配です。


さて、その件とはぜんぜん関係ないですが、
随分前に書いたお勧め物件のお城(こちらをどうぞ)


HPIM0053_convert_20080802163735.jpg


なんとっ、売却ぅ~!

アグリツーリズモとか
披露宴にも使える素敵なレストランとかになるのかと思いきや
個人の別荘にやと。

いやいや、こんなご時世でも
まだまだお金持ちっているもんだ。


状態良いが、なんせ古いお城なので修復必要。
もちろん最初から関わってるキョッキさんは
『信頼と実績のキョッキ建築事務所をどうぞよろしく
ってプレゼンまでしたらしんだけど
この件に関わってる弁護士さんの弟さんも建築家らしく
弁護士さん、クライアントに弟を強くプッシュしてるらしい。


祈りましょう・・・




スポンサーサイト

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

コルチャーノのプレゼーペ

すっかり開けました、クリスマス。
2008年もあともう少し・・・


ワタクシもこの数日間はひたすら
食べる、飲む、寝るを繰り返し
胃袋すっかりビロンビロン。
食べるのに忙しかったので写真は無しです

この間の唯一のお出かけは
キョッキファミリーと共に行ったコルチャーノ。

ここでクリスマス&ニューイヤーの間展示される
プレゼーペが巷では有名らしい。
プレゼーペ⇒キリスト誕生のシーンを人形などで描いたもの


IMGP4573_convert_20081229002208.jpg


IMGP4566_convert_20081229002135.jpg 
IMGP4577_convert_20081229002239.jpg 
IMGP4565_convert_20081229002027.jpg


と、こんな感じでキリストが誕生した当時の様子を
(たぶんこうであったであろうと)再現した人形や小物が
町のあちらこちらに。

でも等身大の人形はちょっと怖いかも・・・


それはそうと、コルチャーノって
とっても素敵な町ですね。



これからもまだまだイタリアはフェスタが続きます。
公には1月6日まで。

時間が取れずなかなかアップ出来ませんが
皆様どうぞ私の事をお忘れなく~


アナタノクリック、ワタシノハゲミ! ポチ~ッ!!
  ↓↓        
 
    あんがとねぇ~

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

芸術の秋・・・

だからと言う訳ではありませんが
行ってきましたGalleria Nazionale dell'Umbria
(ガッレリア・ナツィオナーレ・デル・ウンブリア)

そして見てきました
Cesare Mirabella (チェーザレ・ミラベッラ)さんの個展。

   IMGP4407_convert_20081126022120.jpg


ワタクシの生活、アートとはほど遠いものでしたので
正直絵画のことなんかはよくわからないんですけども
なんて言うんでしょうか、
なんだかほっこり心が暖まる、そんな感じがしました。

パステルとかオイルとか絵の具(?)はいろいろなんですが
どれも優しい色使い。

しばらくボーッと見てたら
ご本人がやって来て、

「これはMorcicchia(Cesareさんが住んでいる村)の春、夏、秋、冬の風景」

「秋になるとMorcicchiaの下に広がるぶどう畑が
紅葉で赤い絨毯みたいになるんだよ。
これがその時の風景(上の写真)今もこんな感じで紅葉してるよ」

「これは僕がいつも散歩の途中で休憩する石」

などなど、いろいろ説明してくれました。



そしてこの個展の中で特に私が気になったアングルがこちら����

    IMGP4391_convert_20081128021205.jpg
      (※ご本人の許可を得て撮影しております)


左上から時計回りにウサギ、羊、鹿(だったと思う)、ロバでございます。


このウサギとロバがあまりにも可愛らしいので見とれていると
「子供達(絵画教室の)もこれが好きなんだよねぇ」と・・・

その他にも、ワタクシのお気に入りの絵が、
子供達のお気に入りの絵といちいち一緒らしい。

どうやらワタクシの視点と子供の視点が同じ。
つまりワタクシの心が純粋な子供のままであることが判明いたしました


そして帰り際、
Cesareさんから1階の売店で買えば38ユーロもするという画集を
キョッキさんと私と、それぞれ1冊ずつ頂いちゃいました。 わーいっ


来年の1月11日までGalleria Nazionale dell'Umbria で催されております
Cesare Mirabella (チェーザレ・ミラベッラ)さんの個展。
入場料無料ですので、ペルージャまで越られる方は
一度のぞいてみてはいかがですか?



ランキングに参加しています。
読んだついでと言っちゃぁなんですが、ポチーッとヨロシクお願いします。
 ←これと
←これね      毎度ありがとぉございます

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

ノルチャのサラミ

今日はウンブリアの町、Norcia(ノルチャ)を紹介。

Norcia(ノリチャ)はペルージャから約100km南東、標高604mにある町。 

ここで有名なのはなんと言っても、サラミとソーセージ、
そしてプロシュート(=生ハム)の豚の加工モン。

それは、

「ノルチャに行って来るよ」

と言おうものなら

「生ハムとサラミよろしくねheart02

と速攻で頼まれる程有名。 お小遣い無いときはこっそり行きますヨ


イタリアでプロシュート屋さんや、サラミ屋さんがNorcineria(ノルチネリア)と呼ばれるのも、このNorcia(ノルチャ)が語源となっているんだって。

そんなノルチャのとあるNorcineria(ノルチネリア)で
店先に吊られているサラミやプロシュートがあまりにも大量なので
思わずパチリッkissDN

    267-6773_IMG_convert_20080814054004.jpg

       267-6776_IMG_convert_20080814054127_convert_20080814054301.jpg 
        (にょほ~っ! プロシュートぎっしり~!)


店内にはいろんなサラミやプロシュートがい~っぱい!

「おじいちゃんのキ○タマ」って言う名前のサラミまで ぷぷぷっ


そして私達が選んだのはこのミニサラミ

    267-6785_IMG_convert_20080814054409.jpg
  
正直、サラミとかプロシュートはイタリア人が「美味しいから食べてごらん♪」
と言われてもイマイチ美味しさの違いがわからなかった。=どれも美味しい

匂いを嗅いでも、そのワイルドな匂いが
以前実家で飼っていた柴犬の肉球(=足の裏)の匂いを思い出させる
だけだった。


しかぁーしっ!!

このミニサラミのウマいことウマいこと!! 
赤ワイン片手に、どんどんいけちゃう!


しかし、いくらウマくてもやはりサラミはサラミ。
カロリーハイでございます。
次の日には背中にポツリと吹き出物ニキビが出来てましたよっ! しかもデカ目

それでもまたあのミニサラミは是非食べたい。
吹き出物ニキビ作ってでも食べる価値アリなのでございます!

このNorcineria(ノルチネリア)さん、もらって来たパンフレットを
さっきちらっと見たらAssisi(アッシジ)にも支店があるって
書いてるではないかっ!!
知らなかった~。

近くなのでまた行ってみたいと思います。


【Brancaleone da Norcia】
Norcia
Corso Sertorio 17 e Via Roma 24
06046 Norcia (PG)

Assisi
PIazza Santa Chiara 3/C
06081 Assisi (PG)




ランキングに参加しています。
今日もポチポチッと、お願い致します。
  ↓↓        
 

ありがとうございますぅ

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

おすすめレストラン

今日はSpoleto(スポレート)の直ぐ側、Camporoppolo(カンポロッポロ)
のステキなレストランを紹介。

辺り一面緑に囲まれたレストラン、
“IL BAIO(イル・バイオ)”でございますっ!

    IMGP3592_convert_20080806201619.jpg


エントランスを抜けると、そこには花と緑の世界が広がります。

広~い敷地内は惜しげも無く盛りだくさんに植えられた花や緑で彩られ、
まるでオアシス。

手入れの行き届いた芝生に、オリーブの木、花の鉢植え、木陰のベンチ・・・
見てるだけで癒されます。
ホント、うっとり…。 あぁ、芝生に転がってみたい…

    IMGP3596_convert_20080806210944.jpg



レストラン内はと言うと、これまたうっとり♪
エレガントな店内は、家具から食器に至るまでオーナーのこだわりが
感じられます。

ちなみにここのオーナー。苗木を栽培・販売する会社のオーナーらしい。
どうりでこんなにふんだんに緑を植えられるわけだ。

    IMGP3606_convert_20080806202047.jpg

    
    IMGP3601_convert_20080806211234.jpg


    IMGP3603_convert_20080806211021.jpg
        (ガーデンパーティー、ステキだろうなぁ…)


マネージャーはフレンドリーでとっても気が利く方。
ウェイトレスもそつがなく、もちろんフレンドリー。
チームワークの良さが伝わってきます。

シェフはこの地域で、腕はもちろん味とデコレーションのセンスも良いと評判の
女性シェフ。

「是非うちのレストランで働いてくれないか」

と彼女にオーナーが猛アタックしたらしい。

どんなシェフなんだろう…
ワクワクしながらご挨拶してみると、とってもフレンドリー。


さて、お料理。

早速メニューに目を通します。

どれも捨てがたい… 

決められない…


結局食いしん坊の私達、いろいろ食べてみたいので、アンティパストから
デザートまでのフルコースを、シェフのお任せで出してもらう事に。
もちろん全部小サイズでお願いしました。
イタリアサイズのフルコース完食は私にはちとムリなのね…

私達のテーブルへ運ばれて来たお料理は…

アンティパスト:(写真をご覧下さい)
プリモ:チース詰めキャンディー型パスタ&トリュフソース
    ドライトマト、ケッパー、ブラックオリーブのパスタ
セコンド:子豚のソテー&リンゴソース
     鶏の包み焼き
デザート:チョコレートケーキ(中からチョコレートがとろ~りとろけ出る)
     &ベリー味のジェラート
     
ワインはマネージャーさんが進めてくれた、オーストラリアのシャルドネを頂きました。


    IMGP3617_convert_20080806211145.jpg
      (↑アンティパスト:ズッキーニの花のリコッタ詰め)
       ※この他のお料理の写真はまた後日追加します。すみません。

見た目はよくある普通のソースっぽいのに、実は全然違ったり、
セコンドのお肉も柔らかかったりと、
どの料理も上品で、目にもお口にも、ほんとに美味しゅうございます。

しかし、小さいサイズって言ったのに、プリモ以外は普通サイズで
運ばれてきたのには参ったっ!も~、小でよろしくって言ったじゃ~んっ。

・・・もしや、私にとっての普通サイズは、イタアリ人にとって小サイズなのか??

    

で、気になるお値段はと言いますと、他のレストランと比較しても
安くもなく高くもなく、普通ど真ん中。

でもこの環境にエレガントな雰囲気とスタッフのサービス、
そして料理の質を考えれば、かなりお安いです。

お得感満載です。



そして、帰りはお腹パ~ンパンのフ~ラフラ。
でも、これは幸せのフ~ラフラなので良しとする。 酔っぱらいじゃないよ


そして、そして、この広~い敷地内。
なんとプールもございますよ! 贅沢だ…

    IMGP3587_convert_20080806210910.jpg
          (↑プールサイドのオリーブの木)

次回は是非とも水着&バスタオル持参でお邪魔したい。


さらに9月にはCentroBnessere(チェントロ・ベネッセレ=スパ)と
ホテル(四つ星)も同じ敷地内にオープンします。

このIL BAIO。
ワタクシが自信を持ってオススメしますっ! って、どっかで聞いたセリフ…

もしお近くに来るチャンスがあれば是非一度足を運んでみて下さい。

身も心も癒されます





    IMGP3609_convert_20080806211113.jpg
       (↑夕暮れ時、お庭でいただいたアペリティーボ)




【IL BAIO】 
Loc. Camporoppolo - 06049 Spoleto (Pg)
Tel : *39-0743-252103 / *39-0743-51198
Fax : *39-0743-51198
Email : info@ilbaio.com
URL : www.ilbaio.com



ランキングに参加しました。
ポチッとして頂けたなら、大変うれしゅうございます。
  ↓↓        
 

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。