スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱりキョッキ父とデジカメ

まずはコチラを・・・
キョッキ父とデジカメ
再びキョッキ父とデジカメ

先週の恒例サンデーランチ、キョッキご両親宅にて。


チビキョッキの離乳食をせっせこお口へ運んでると
「ちょっと」
とキョッキ父に声をかけられたので振り向くと
「このデジカメ見てくれないかな。間違えてどっか触っちゃったのかな」
と、デジカメをよいっと私の方へ。

ピントが合わせられなくていつもボケた状態のデジカメ。
電源をOFFにしてまたONにしてみたら
今度は画面がまっくらけ。
しかもレンズが「ジィ~・・・ ジ、ジィ~」と出たり入ったり。


これは・・・

壊れてますね。
(私のデジカメもこのようにして壊れてゆきました)

一度お近くのカメラ屋さんまで持って行って
診てもらった方がいいですね。


非常に困った顔のキョッキ父。


でもでも、
いつものように撮った画像を
皆に見せてまわることはまだまだ可能です。


直るといいですね、デジカメ。
スポンサーサイト

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

お孫様:チビキョッキ

皆様、お久しぶりでございます。

久々のブログの更新でございす。

気付けば最期の記事が新年の挨拶のまま。
慣れないマンマ業で時間があっちゅう間に過ぎてゆきます。

チビキョッキは夜はまとめて寝てくれるし
「産後40日間は無理しない」を実行すべく
掃除は週2回お手伝いさんにお願いし
洗濯係は(主にキョッキさんの衣類とシーツ類)はキョッキ母に任命し
私のする事と言ったらチビキョッキのお世話と1日2回のお食事で楽なハズ。

それなのにとっても忙しくて自分の時間が持てないのはなんでだろ???


そしてなぜだか忙しくて自分の時間が持てないのに
キョッキさんこの週末からチビキョッキと私を置いて
1週間のミラノ出張に行ってしまいました。

ひどすぎる・・・


お風呂は一緒に入れてあげようね~
って言ってたじゃないか・・・




さてさて、孫のチビキョッキを見に
隔日でキョッキご両親が我が家にやってきます。

1回の滞在時間:約3時間



もうご高齢のキョッキ母。
待ちに待った孫誕生なので、もう嬉しくて可愛くてたまらん様子。

我が家に来るなりチビキョッキに駆け寄り
運良く起きていれば即抱っこ。
その後2~3時間平気で抱っこしっぱなし。
その間ずっと話しかけっぱなし。
と脅威の忍耐力を見せてくれます。

「疲れるでしょうから、レッティーノで寝かせては?」の私の提案にも
「いいの、いいの。
 息子がまだ小さい時、私は仕事していたからこうやって
 ゆっくり抱っこしてあげられなかったのよ。
 今は時間いっぱいあるからゆっくり抱っこ出来るわー」と幸せそう。

そんな幸せそうなキョッキ母。
たまーに息子とチビキョッキの名前を間違え呼びかけてます。(ご本人気付かず)

まあ、あえて突っ込みはしませんが。




そしてキョッキ父。
キョッキ父はチビキョッキが誕生した時はもちろん
私が病院に入ったと聞いただけでもう泣いていました。 早っ!


チビキョッキ誕生翌日にはあのデジカメで撮った孫の画像を
ご近所&親戚の皆様に見せてまわっていたそうな。

で、まだ首の座っていないベビーを抱くのは孫のチビキョッキが初めてだそうで
(息子のキョッキさんすら怖くて抱かなかったらしい)
「今から抱っこするからちょっと撮ってくれるかな」
とお願いされたので、喜んで数枚お撮りさせて頂きました。

その画像ももうご近所&親戚の皆様にはご披露済みなハズ。


そして我が家へ来た時は何をしていいのかわからないのでしょう、
キョッキ母に抱かれたチビキョッキに後ろから付いて回ってます。
(チビキョッキが寝てる間は何故だか私に付いて回ります)

この前はチビキョッキのオムツ替えシーンを
開いたドアからそーっと顔だけ出して覗いていらっしゃいました。
 ちょっと怖い



てな感じでキョッキご両親からも愛されているチビキョッキ。
只今プクプク成長中。

    IMG_3448_convert_20100106031349.jpg

スヤスヤ眠るまるで天使のチビキョッキも・・・




 IMG_9682_convert_20100202011842.jpg

泣くとこうなります。




 
 

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

再びキョッキ父とデジカメ

キョッキ父がいつも持ち歩いてるバッグの中には
常にデジカメが入っています。

それで日常をパチリとやっては、皆に見せてる。
(デジカメの自慢も込みで)

ある日曜。
恒例のサンデーランチの後、
お腹がいっぱいになった私を
キョッキ父がテラスから手招きするので
何ですかと聞いてみたら

「ちょっと1枚撮らせてよ」と。

お腹も目立ち始めた妊婦姿の私をお友達に見せたいんだろうな~と思い、
小っ恥ずかしながらも即OK。

お腹が見えやすいように横向きで
しかも、ちゃんと服を上から手で抑えたポーズを
取って差し上げました。



その翌日。


キョッキさんが仕事の用事で行った
キョッキご両親宅近くの銀行から帰ってくるなり
銀行員Sさんと交わした会話を私に話してくれました。
会話はこんな内容:

「masacoちゃんのお腹、大きくなってきたわねー」

「ええ、おかげ様で。
 でもどこで彼女に会ったんですか? 
 彼女、Sさんに会ったって何も言ってなかったな~」

「彼女本人を見た訳じゃないわよ。
 キョッキ父さんがさっきデジカメで見せてくれたのよ。
 支店長のAにも見せてたわよ」


銀行でそんな会話が交わされたのは朝10時頃。


そんな朝早くからキョッキ父は銀行で何を・・・

友達ならまだしも、そんなに親しくない銀行員さんにまで・・・

私の妊娠を喜んでくれているのは知っているし、うれしいが、それは・・・


ちょっと恥ずかしかったキョッキとmasacoなのでした。



 
 

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

週末はマンマにベッタリ

ここペルージャで、引きこもりがちに暮らしているmasaco。
キョッキさんが車で出張の間は、我が家の足が無いっつーので
引きこもりっぷりに増々磨きがかかる今日この頃・・・


そんな私を可哀想と思ってか、
キョッキご両親がいつもの如くランチに誘って下さいました。

しかし週末の土、日両日っつーのは
ちとキツい。

家の冷蔵庫にも処分したい食べ物がたくさんあったので
せめて土曜のランチは遠慮させてもらいたいと
キョッキさんに言うと
「そんなぁ、1人で寂しいでしょ?
 ランチの後はチェントロお散歩しようってマンマが言ってたよ。
 喜ぶし、行ってあげたら? ね?」
つーので土曜のランチもお受けする事にしました。


土曜のランチの後は、チェントロでキョッキ母と
夕方19時までお散歩&ウィンドーショッピング。

日曜のランチの後は、キョッキ父が食後さっさと1人で
サッカー観戦に行ってしまったので
帰りたくても帰れない私はキョッキ母についてって
シニョーラの井戸端会議に参加。

んで、このシニョーラの皆さんが凄かった。
人が話してる間も平気で割り込む割り込む。
割り込まれたシニョーラも負けじと喋り続ける。
私はまだまだイタリア語が未熟なもんで
聞き取りが非常に困難でございましたよ。

途中で気が遠くなる事もありましたね。


で、この井戸端会議の話題が
masacoが遠慮しぃって話になった時、
気になる事をキョッキ母が話されました。


「息子がね、masacoは「今日はお邪魔してもいいですか?」って
自分から電話して言う子じゃないから、私から電話して聞いてあげてって。
だから毎日電話して誘ってるのに、断られちゃうのよね~」

・・・って

そうだったんすかっ!?

それが本当だとしたら、キョッキさんよ
アンタまたエライいらん事を・・・


ウィッグの話やら、病院の話やら、嫁の話で盛り上がった
(もちろん私は聞き役)この井戸端会議。
解散したのは18時半頃。

その後またキョッキご両親宅に戻り
キョッキ母が焼いた朝食用のクロスタータを分けて頂き
やっと家に着いたのは19時半でございました。


と、

実の子よりもキョッキ母にベッタリだった週末。




    IMG_9529_convert_20090930011225.jpg

キョッキ母が1日分のつもりで持たせてくれたこのクロスタータ。
完食には3日かかる模様。

お味はとってもおいしゅうございます




 
 

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

キョッキご両親の愛

どうも。
キョッキさん、今週いっぱい出張の為
只今一人でお留守番中。
ダラけまくりのmasacoです

キョッキさんの出張目的はヴェローナで毎年催される
ABITARE IL TEMPOっていう展示会。
新しいものいっぱい見れるチャンスなので
私も途中から合流予定だったんだけど
今年はもろもろの事情でペルージャに居残りです。 くすん


さて、こんな時(キョッキさん出張で不在時)
張り切ってくれる方がいらっしゃいます。

そう、キョッキ父とキョッキ母です。

キョッキ父は毎日「元気?」とそれ言うだけの為に連絡をくれます。
そしてキョッキ母は「masaco、1人で寂しいでしょう」
といつもランチに誘ってくれます。

しかし我が家の冷蔵庫にも食材はたんまりあるし
1人でキョッキご両親宅にお邪魔するのは
まだまだ気を使う。
それに「いいえ、全然寂しくありません。
むしろ毎度の食事を考えなくていいので
5日間くらいならのんびりできてちょっぴり嬉しいくらいです」
などとは到底言えない・・・

でも断ってばかりも失礼なので
5日の内2回はありがたくお受けする事にしている。

そして昨日がその日。

キョッキさんが車で行ってしまったので、キョッキご両親宅までは
キョッキ父の送迎付きというありがたいサービス付き。
(しかしこれもまた気を使う)

で、食事を終え
さてそろそろおいとまのお時間。

「masaco、これ持って帰りなさい。それからこれも」

キョッキ母がお持ち帰り用にせっせこ用意してくれているのは
1人では食べきれないほどのイチジクと
これまた1人では食べきれないほどの肉。

「masacoがイチジク好きって言ってたから、
あの人(キョッキ父)がお友達の庭の木になってるのもらってきたのよ」
「わー、ありがとうございます。
しかし・・・これは1人では多すぎます」
「イチジク好きなんでしょ? だったらこれくらい食べられるわよ」
「確かに好きですが、私は一人なので少しで充分です。
義母様も好きなんでしょ?」
「好きよ。でも私はこんなに食べられないわよ」
「だったら私も・・・」
(とこの時点でもう袋詰め完了)

「肉は解凍した肉だから明日までには食べてしまいなさいね。
これくらいは食べるでしょ」
「ヒーッ。義母様、私1人でこれは多すぎます。
私はこのくらいで充分です。
義母様達の今晩のメニューにして、その残りを私が頂くというのは・・・」
「私は食べないし、あの人も(キョッキ父)も食べないわよ。
masacoが食べると思って解凍したんだから
ね、持って帰るでしょ?」
「そ、そうなんですか・・・ それではお言葉に甘えて・・・」
(と言い終わる前に袋詰め完了)

どうも押しに弱いmasaco。
しっかり頂いて帰ったそのイチジクとお肉は
只今必死で消費中。

そして明日もお呼ばれ予定。
明日のメニューは「ヒヨコ豆スープ」らしいです。


それにしても、
(ちょっと量が大袈裟というのは置いといて)
息子(キョッキ)の不在時にも
私に親切にしてくださるキョッキご両親。
本当にありがたいです

 
 

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。